オフィス原状回復での居抜きの活用とは

オフィスを退去する際には、入居者は借りたときと同じ状態で貸主に返すことになります。例えばスケルトンで借りたならば、スケルトン状態にした上で返却をする必要があり、ここでは、入居時にいくらコストを掛けて改装をしたとしても、全て撤去をする必要があります。 スケルトンとは建物の構造体だけの状態を指し、通常、入居者はそこに間取り、設備を自由に設け、デザインを施して空間を活用します。賃貸においては、同じ状態に戻すことを原状回復といい、この場合、入居者には多額のコストが発生することになります。そこで最近利用されているものとして、居抜きによる返却があり、そのままの状態で返すことで、入居者はコストを大きく削減することが可能となります。ただし、行うには貸主の承諾が必要になります。

居抜きにはどのようなメリットがあるのか

居抜きは、不動産業界では広く用いられている方法です。一般的には飲食店の賃貸で多用されており、前の入居者が使用していた内装や設備を、そのまま次の人に貸すことで行われます。退去側、新たな入居者、貸主、それぞれにメリットがあることから、最近ではオフィスの原状回復に代わるものとして注目が集まっています。 例えば、退去側にとっては、撤去・復旧に無駄な費用をかけなくて済むようになります。入居時においては内装や設備に大きなコストをかけることも珍しくなく、ここでは、そっくりそのまま残すことができます。新たな入居者においてはコスト面でのメリットがあり、そのまま使えることで余計なコストをかけることなく事業を始めることができます。貸主においては、装備面として残すことで、その分、高い賃料を設定することが可能となり、仮に新しい設備などが残ればさらに有利となります。

居抜きで行う場合のポイントはなにか

行う際には、貸主との交渉が第一条件になり、交渉を上手く進めるには、できるだけ早い段階から次の入居者を見つけておく必要があります。全ての条件が一致する入居者を探すには難しいことが多く、ここでは、早くから対応を始めることとがポイントになります。新たな入居者を探す場合には専門の企業への依頼が適しており、理由としては、専門性があるために多くの情報を保有していること、募集のノウハウがあること、条件マッチングなどに慣れている点があります。貸主にとってもマッチングが上手くいくことで空白リスクを避けることができ、募集をかける際の手間やコストを削減することもできるようになります。 オフィスで居抜きを検討する場合には、重要な点としてスケジュールをしっかりと立てることがあります。明渡し期間までの余裕がなければ、交渉や募集をスムーズに進めることが難しくなることを認識しておく必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加