オフィスの原状回復は退去時の事を考えて入居しよう

会社の規模を大きくする時、逆に規模を小さくする時には事務所とも言える新しいオフィスを見つける必要があります。従業員を増やしたいので、今よりも広い事務所を借りる、従業員が減るので現在よりもコンパクトな事務所を借りるなどが一般的な理由と言えましょう。また、事務所を借りていると言う事は毎月家賃を支払う事になります。
家賃は固定費として毎月支払いが必要な経費で、経費を節減する中で現在よりも安い家賃の事務所を利用するケースもあります。尚、新しい事務所を借りる時のポイントの一つとして、原状回復があります。
これは退去する時には入居時の状態に戻すなどの意味を持つもので、賃借契約の中で取り交わしが行われる事になります。元の状態に戻すためには費用も掛かるので注意が必要です。

事務所内の見学を行った後はレイアウト図を作成

新オフィスを構える時や引っ越しをする時、借りようとしている事務所の見学を行います。不動産会社から間取り図を受け取り、自分達の会社が機能する事務所であるのか否かを見学の中で捉えておく必要があります。未入居の状態の事務所はパーティーションなどの区切りが設けられていないので、広い室内などのイメージを持つ人も多いと言えましょう。
事務所の中では幾つかのグループを作り業務を進める事も多くあり、事務所見学を行った後はレイアウト図を作成する事になります。このレイアウト図を作成する時も退去時の原状回復の事を考えておくのがお勧めです。元の状態に戻すために後から工事をしなければならいようなレイアウトにすると、事務所を大家さんに返す時の費用が多く掛かるなどのデメリットに繋がってしまいます。

パーテーションなどは移動が出来るタイプが便利です

オフィスを借りた後は、レイアウト図を作り事務所内での業務がスムーズに行えるようにする必要があります。見学をした時には1つの空間になっていても、空間の中に社長室を作る、会議室やミーティングコーナーを設けるなどの場合、色々な工事が必要になります。例えば、パーテーションを使えば社長室を作る事も出来ますし、重要な議題を話し合うための会議室も作る事が可能です。社員同士のコミュニケーションの場としても活用出来るミーティングルームなども作る事が出来ます。
社長室や会議室などの場合は、顧客が訪問する事を考えて天井までの高さのパーティーションを使い部屋を設ける、室内にはエアコンを設置するなどが必要です。こうした入居時の工事は退去時には原状回復が必要になるので、後の事を考えてパーティーションを設置するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加